コロラド一人暮らし

油絵を描きながら日々の暮らし、花ガーデン、コロラドを紹介します。

サンワンのワイルドフラワー

友人が買ってくれました!
リビングに飾ってくれていると思うと
とても嬉しいです。

裏庭にもアイリスの葉っぱがニョキニョキ出て来ました。
春〜。
絵の具と墨で描きました。


カールトンヒルからみたエジンバラの街の一部。晴れても暗さが
漂います。独特の匂いがするんですよ、、、私だけかな〜?

そういえば、カールトンヒルを登る前に古い墓地に寄りました。
歴史上の人物や著名だった祭司とかの墓地で古いです。
ただ墓石や碑の彫刻とか細かい所までてが込んでいて芸術が溢れていました。

リンカーンの碑もあったので、彼はスコットランド出身だったのでしょうか??
アメリカとイギリスは切っても切れない親戚関係ですから。
アメリカの初代大統領ワシントンとダイアナ妃の家系は親戚関係。


アメリカ人の友人でファミリーツリーに凝っている人がいるんですけど、
1750年までたどり着いたのはロビンさん。
アイルランド、ドイツ、オランダ、フランスと転々バラバラに遠い親戚が
いるので楽しそう。フランス人のシューメーカー(靴職人)も発見!!

蜘蛛の巣がかかったツームストーン。
日本のお寺の墓地も気味悪いけど、イギリスの墓地も負けず劣らずですよ。

次は思い切り明るく、、、
バグパイプのおじさんと、パブ。

パブでオーダーしたサラダとパン。フィシュアンドチップス頼んだのかな〜?
ちょっと忘れました。何しろ3週間弱イギリスを旅して回り、いろんな物食べたから。
イギリスの食事は美味しくないと聞いていたけど、それなりに文化を感じさせ味わいがありました。

エジンバラのお城。
学んだこと:
スコットランド人はイギリス人じゃないということ!!
彼らにはウイリアム・ワーレスのプライドが染み付いているのですね。
スコットランドの紙幣はイギリスの物と違います。でもホテルのフロント嬢にイギリスでも通用すると説明されて、『そうですね、スコットランドもイギリスですでしたね!』
と返事したら、『違う!スコットランド人はイギリス人じゃない!!』バッシーン!!
くらいました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。